2人の男性

食事で改善することができる痛風【プリン体カットで痛みもカット】

食生活の見直しが大切

食事

体の中に尿酸が溜ることによって激しい関節炎をもたらす痛風ですが、食事内容に気を付けることによってその痛みを予防することができます。また、水分の補給は大切で1日2リットル以上の水を必ず摂るように心掛ける必要があります。

More Detail

よいものよくないものです

男性

近年、アンセリンが注目されており、尿酸の過剰生産の防止や排出を促す作用があるために痛風改善の効果が出やすく、人気を集めています。しかし日常生活で気をつける必要があります。特にビールに限らずお酒は控えた方がよいですし、居酒屋によく行くのであればその回数を減らすとよいです。

More Detail

風が吹くような関節痛

男の人

痛風になるのは日常の中にある食事が大いに関係しており、お酒が好きな方や飲み会が多い方は特に注意が必要になります。食事以外にも運動やストレスも意識したいところで、それらを良くするためには生活習慣を正しくすることが大切です。

More Detail

尿酸値を減らす方法

ご飯

水分を多く取る

尿酸値が高くなると痛風になる確率が高まるため、日頃の食事で尿酸値を下げる対策をする事が大切です。尿酸値を下げるためには、必要以上に作られる尿酸を防ぐ事と、尿酸の排出をスムーズに行う事が効果的です。尿酸の排出をスムーズにするためには、食事で水分を多く取る事が大切で、尿の量を増やす事で尿酸を体内に溜め込まなくなります。最近では健康に良い成分の配合された飲み物が、多く販売されているため、食事の時にそういった飲み物を利用する事で痛風を防ぎます。またプリン体の多い食材を摂り過ぎると、尿酸値が高くなるため、プリン体の摂り過ぎには注意が必要です。プリン体は肉や魚などに多く含まれているため、食事では食べる量を減らす事が好ましいです。

アンセリンの成分が有効

食事の成分に注意する事によって痛風の症状を緩和する事ができますが、サプリメントを利用する事で、更に効果を高める事が可能です。痛風に効果の高いサプリメントがアンセリンという成分で、体の疲労回復に効果的です。アンセリンのサプリメントを摂取する事で、活性酸素を抑える事ができるため、細胞の損傷を防ぐ事ができます。痛風では尿酸の結晶によって、関節が傷つく事で痛みが発生するため、活性酸素を減らして細胞の損傷を防ぐ事は有意義です。アンセリンには尿酸が作られる働きを抑制する効果があるため、尿酸値を下げる事ができ痛風の症状を緩和します。またアンセリンは尿酸の排出を促すため、効率よく尿酸値を下げる事ができ有益です。